光成薬品株式会社 Kosei Pharma

オンラインストア

事業内容

流通システム

独自の流通システムづくりで、幅広い医薬品を低コストで安定提供

医薬品流通の最大の課題、それは、求められる医薬品をいかに低価格で安定して供給するかにあるといえます。同一、同等のものなら、より安い価格で供給できるのがいちばん。この当たり前の発想こそ光成薬品の基本ポリシーなのです。 病院・医療機関はもとより、薬局・薬店での低価格ニーズを受け、光成薬品では受発注及びデリバリー等の関連経費を抑えた医薬品流通の効率的なシステムづくりを推進。 コストの削減により、安全で高品質な医薬品の低価格・安定供給を追及してきました。 また、とりわけご要望の高い商品については豊富な在庫量を確保し、オーダーに対して迅速にお応えできる体制を整えています。

光成薬品の流通革命

医薬品は一次問屋、二次問屋、三次問屋といった複雑なルートをたどります。医薬品の価格が高いのはこうした問屋間のマージンのためです。 光成薬品では多くの仕入れルートを確保し、中間マージンのカットや受発注や配送の無駄を徹底的になくすことと、社内システムの合理化によって、本当に必要なものを安価に供給するシステムを確立しました。

病院・医療機関

常時10,000種類を越える医療用医薬品を取り扱い、
オーダーに迅速かつ安定して供給

幅広い品揃えと確かな品質管理、期限管理のもと、より良い商品をよりリーズナブルに。 光成薬品では常時10,000種類を越える医療用医薬品を取り扱い、病院等からのオーダーに迅速かつ安定した供給体制でのぞんでいます。 光成薬品のこの姿勢は高い評価をいただき、全国の国公立病院・医療機関・開業医・診療所等、数多くのユーザー様から御支持をいただいております。 年間100種類以上の医薬品が新しく登場するなか、新商品のいち早い情報提供・推奨提案活動も積極的に推進しています。 院内薬局からの多用な商品要請、用度からの厳しいコスト要請、それぞれのニーズにお応えしながら今後とも効率的な流通システムの拡充・確立をめざして挑戦していきます。

薬局薬店

規模を問わず数多くの薬局・薬店を得意先に持ち、全国各地に販売エリアを拡大

一般薬局・薬店は全国で約6万件を数えます。光成薬品では、小規模店から大手ドラッグストアまで規模を問わず数多くの薬局・薬店を得意先に持ち、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に販売エリアを拡げています。 とりわけ、この分野においてはDMや電話・ファクシミリ、宅配便等による効率的な受発注・配送システムづくりを積極的に推進し、価格メリットを広くご利用いただける体制を整えています。

オンラインストア